FLOWER DOLCE

*樹野花葉の恋愛小説ブログ*

ハニカラ~Honey Collar~ 18話



あれからどれだけ翻弄されただろうか。

「はぁはぁ…ぁ、んっ」
「…カラ…カラ」

ソルから受ける愛撫は今は体全体に及んでいた。

全ての着衣を剥ぎ取られ、恥ずかしい場所を大きく開け放たれてしまっても私は大した抵抗が出来ないでいた。

(なんで…どうして…)

ソルからされる行為全てが私にとっては気持ちのいい事ばかりで、すっかりなすがままになってしまっていた。

ソルから執拗に舐められ、熱を孕んでしまっている秘所からは知らない蜜が溢れ出している。

ヒクヒクとちいさく痙攣している其処は、舌と指以外のものを埋め込んで欲しくて甘く強請っているようだ。

「…カラ…欲しい?」
「……ぁ」

ソルが私の前に晒したソレは大きく天に向かって勃ち上がっていた。

初めて見た大人の男の人の性器。

無意識にゴクッと喉が鳴ってしまった。

「…カラ」

相変わらず甘い声で私の名前を呼ぶソルは、少し前まで私が抱いていたお子様イメージではなくなっていた。

ただの大人の男。

快楽を求めて女の体を貪るただの雄だ。


(イメージ…壊された…)


そうであって欲しいと思っていたイメージは粉々に壊されてしまったけれど、驚くほどに其れに対してのショックはちいさかった。

寧ろこんな風に本性を見せられ、がむしゃらに私を求めてくれるソルに対して喜びさえ湧いてしまっている事に戸惑った。


(私…ソルの事……好き、なの?)


甘い行為をされて、其の結果そんな気持ちになっているだけかも知れない。

私はソルという男の何を知っているというのだろう。

何も知らない。

ただ、体に気持ちのいい事をされて、其れを止めてもらいたくなくて気持ちを偽っているのかも知れない。


──其れでも


「…カラ、好き」

耳元で甘く囁かれ、胸が締め付けられるほどに疼いた瞬間、今までとは比べようのない衝撃が私を貫いた。

「あっ!」
「…んっ…狭…い」

開かされた蜜壺に膨大な熱量のモノが押し込まれる。

「痛っ…痛い…痛いよぉ」
「はぁ…カラ…力、抜いて…」
「出来…なっ」

其れはまるで拷問のようだった。

舌と指でなぞられた時はただただ気持ちよくて甘い快感が体を駆け巡って行ったというのに、今のソレは私の中をズタズタに切り裂こうとしているような狂気を孕んでいた。

「…カラ…なんで…挿入らない…」
「知らな…んっ、いやぁ…痛ぃぃぃ!」

ソルが腰を進める度に私の腰は後退る。

やがてソルが私の腰をガシッと固定してしまい逃げ道が無くなった。

「…カラ…息、吐いて」
「うぅぅ…無、理ぃ~~」

其処が燃えるように痛い。

裂けて真っ赤な血が噴き出しそうな痛みにボロボロと涙が零れる。

其の瞬間、私の体から温もりが消えた。

「……ぇ」

薄っすらと開けた瞳に映ったソルの顔に私は驚愕した。

はにから18

◆ランキングサイトに参加しています。
其々1ポチしていただけますと執筆の励みになります。